男性とホルモン

精巣は男性ホルモンの約95%を産生しています。副腎皮質は男性ホルモンのバランス調整と少量の女性ホルモンも産生しています。脳からのホルモンであるFSH、LHは精巣からのホルモン分泌の刺激になっています。男性は加齢につれ、男性ホルモン量は減少し、女性ホルモン量は増加します。男性ホルモン低下が骨密度、筋肉量、体脂肪量、性欲などに関連します。男性ホルモンが女性ホルモンと比較して低下した時に、前立腺などの問題も起こる可能性があります。

女性は普通、低用量男性ホルモンと高用量女性ホルモンの比率になっています。これが女性を女性らしくさせているのです。男性ではその反対で、高用量男性ホルモンと低用量女性ホルモンの比率になっています。この差が男性と女性をわけているのです。男性ホルモンのほとんどは性ホルモン結合蛋白(SHBG)と結合しており、組織で有効に使うことが出来ません。SHBGは様々な原因で増加しますが、医学文献では女性ホルモンの増加が大きな要因とされています。低男性ホルモン、高コルチゾールは特に体脂肪増加と関連しています。体脂肪は男性ホルモンを女性ホルモンに変化させ、筋肉の再合成に支障が現れてくるのです。女性ホルモンは男性にとって大切ですが、その比率がもっとも重要なのです。30代を機に、年10%の割合で男性ホルモン値は低下していきます。40代半ばまでに、殆どの男性はホルモンレベルの低下を感じ、50歳で相当深刻なホルモン低下を実感します。

殆どの男性は、女性のように更年期があるとは思っていません。男性更年期は加齢男性ホルモン低下症として知られています。ホルモンが低下することで症状が現れます。これらのホルモン低下が起きるとホルモン異常による処症状が徐々に表れてきます。男性ホルモンは男性ホルモン低下症に対抗するとてもパワフルな同化ホルモンです。加齢のための男性ホルモン低下が様々な目に見える変化を引き起こします。男性ホルモン量は20代から30代の理想値にあるのが最高なのです。

すべてのホルモンは異なる機能を持っており、かつその機能低下が我々の老化、疾病を引き起こす大きな原因になっているので、ホルモンバランスが非常に重要だということをきちんと知っておく必要があります。男性が経験する多くのホルモン変化に対応するためには、ホルモン状態をチェックする必要があります。簡便で正確な方法はホルモン検査のリーダー的存在であるiPATH-MedLabs唾液検査を受けることです。ホルモンレベルを知ることは健康に年を重ねるための最初のステップなのです。

テストステロンクリームの種類と違いを理解する

医薬品グレード:

製造工程はGMPの国際基準に従い行なわれます。GMPとは(Good Manufacturing Practice米国の医薬品品質管理規則)原料の入手時から完成品に有効期限を印刷するまでの製造工程が標準化されており、製造施設、原料、衛生、器材、工程、包装まで厳正な政府の規制の下、規則と基準に従って作業する必要があります。厳格な規制当局の承認を受けた薬会社が非常に高価なプロセスで検査が必要なバッチ製造を行うことができます。

調剤薬局配合商品(コンパウンドファーマシー):

配合商品は、医師の要求に応じ薬剤師によって配合調剤されます。商品は、生産管理、濃度、不純物、安定性や有効性のテストのいずれもも受けていません。これらを行うには、ライセンスを受けていないため、配合薬剤師がどんな薬のバッチを製造することもできません。

注:どの製品も日本国内では未承認の医薬品です。
ホルモンの補充に関しては、日本では薬事法の規制により、一般には販売されておりませんので詳しくはお医者さまにお尋ね下さい。

推薦図書: