ホルモンについて

ほとんどのホルモンは内分泌系として知られている分泌腺組織から生産されています。たとえ、それらの組織が体のさまざまな部位に分かれていたとしても、お互いに同様な機能や関連性をもつため、一つのシステムとして考えられています。

臓器上にカーソルを合わせることで更に詳しい説明が表示されます

You need to upgrade your Flash Player This is replaced by the Flash content. Place your alternate content here and users without the Flash plugin or with Javascript turned off will see this. Content here allows you to leave out noscript tags. Include a link to bypass the detection if you wish.

 

ホルモン成分はとても高い効力を持つ物質です。ほんのわずかな量で反応が起こります。腺組織から分泌され血流に入ります。そして身体のあらゆる部位に運ばれるのです。そして、ターゲット細胞とそのホルモンの受容体を持つ細胞だけが化学反応を起こすのです。血液中のホルモンは受容体を通過して、ドアを合鍵で開けるように細胞に内に入ります。一旦、中に入ると成長や発育、メンタルや運動機能などの統括的管理を行います。肉体的ストレス、精神的ストレスや加齢でホルモンバランスが崩れたときに調整します。いつも正しいサインが適切な部位に出るわけではありません。時に、細胞機能が突然完全に停止します。さらに、細胞が過剰刺激を受けます。このような漠然とした原因が最後には不快症状を起こします。ひどいときにはこれらの不均衡が慢性的疾病をもたらします。 殆どのホルモンは体内に蓄えることはできません。それゆえ、それらは適宜必要量だけ造られて放出されるのです。このような複雑なシステムを維持するために、身体は最適なホルモン分泌を微細に調整することが必要です。ポジティブ、ネガティブフィードバックという複雑システムでこのバランスは管理されています。例えば、あるホルモンが過剰な時は他の幾つかの補完的ホルモンバランスをとるために分泌を促進されるのです。これらの複雑な内反応により、ホルモンはいつもひとつしか放出されません。

マスターキー ホルモン分泌量の加齢変化
マスターキーイメージ画像。真のホルモン“鍵”だけが、細胞機能をコントロールする細胞の“鍵穴”に合致するのです。非天然ホルモンや合成ホルモンなどは、同じドアを開けたり、スイッチを入れたり出来ません。天然ホルモンだけが唯一細胞をコントロール出来るマスターキーを持っているのです。 ホルモン分泌量の加齢変化グラフ。