ホルモンの減少、欠乏、バランスを崩した際に起因する症状例

多くの疾患はホルモンの低下やバランス異常から起こるとされています。ホルモンバランスが崩れれば、それだけ症状もひどくなっていきます。各症状はあなたの身体に、なにか異常がおきたことを教えてくれます。各ホルモンレベルが正しければ、身体は安定します。

下記の項目はホルモンの減少やホルモンバランスが崩れた際に生じる一般的な症状の一部参考例です。

女性の症状


ニキビ/脂性
性欲減退
のぼせ/寝汗
睡眠障害
心臓病の個人的な危険因子
骨粗しょう症の個人的な危険因子
体重増加
高コレステロール
低血圧
動悸
頭痛/体の痛み
膣の乾き/痛み/痒み
繊維筋痛症
疲労
スタミナ減退
発汗低下
記憶力低下/集中力低下
失禁
気分のムラ
乳房の張り/過敏
月経血の変化
神経過敏/イライラ
不安/心配/神経症
水分の滞留/浮腫
乳腺線維腫
子宮腺筋腫
不妊症
甲状腺腫
加齢/早齢

男性の症状

精神的疲労
虚脱感/疲労
苛つき
不安/心配/神経症
ストレス
体力減退
筋肉の衰え
筋肉の疲れ
間接/筋肉の痛み
発汗症
睡眠障害
スタミナ減退
気分のムラ

加齢/早齢
低体温
頭痛
勃起力減退
性欲減退
前立腺の問題
排尿時尿の勢い減少
頻尿
不妊症
頻脈
低血糖
高血圧/低血圧
あなたのピークを過ぎていることを感じる
ひげの伸びの減少
体重増加
記憶力低下/集中力低下